矯正治療の時期

矯正治療の時期について

当院における矯正治療のステージ分類です。
適切な時期に治療を開始される事をお勧めいたします。


初期の矯正治療(0期治療)

適用時期:約3歳以降
この時期は、顎が発育する初期段階になります。
乳歯が生え始めて噛み合わせが出来上がる時期になります。
この時期にしっかりとした歯並びの土台(=顎)作りを行うことが目的です。
可撤式の簡単な装置を御家庭で使用していただきながら治療を進めていきます。
それと同時に、来院毎に成長バランスのチェックや顎の発育状況のチェックなどを行います。
また、筋肉バランスを整えるためのトレーニングなども行っていきます。

子供の矯正治療(I期治療)

適用時期:約6歳以降~約14歳
この時期は、顎が発育する中期~終期段階になります。
このタイミングを逃すと顎のバランスを大きく変えることはできなくなります。
例として、受け口の状態をこの時期から治療した場合には、
将来的に手術により顎のバランスを整えるという大掛かりな治療を要するリスクが軽減します。
また、この時期は乳歯から永久歯に生え換わる時期にもなってきます。
生え換わりを管理しながらスムーズに行うことも綺麗な歯並びにする為の重要なポイントとなります。

大人の矯正治療(Ⅱ期治療)

適用時期:約14歳以降(基本的に年齢に上限はありません)
この時期は、完全に顎の成長が終了している段階になります。
このままの土台(=顎)で、歯並びを綺麗にしていくことになります。
(顎自体の大きな変化を希望される方には手術を併用した矯正治療をお勧めします)
歯並びの状態にもよりますが、ガタガタが強い場合には一般的に歯を抜くことにより隙間を作り、その隙間を利用して綺麗にしていきます。