精密検査

検査内容

レントゲン写真撮影

それぞれのレントゲン写真を細かく分析し、現在の咬み合わせの状態、歯1本1本の状態などを精密に確認します。
分析結果より、最適な治療方法・治療装置などを決定していきます。
また、子供の時期には手の写真を撮ることにより、身体的成長の程度や成長のピークなどを確認することが出来、最適な時期に矯正治療を行うことができます。

矯正歯科治療では、アゴの骨の中に埋まっている歯(歯根)を正しい位置に動かすという治療を行います。
動かす歯やアゴの骨に異常がないか、全体的な状態がどうなっているかを詳細に確認する必要が矯正治療を受ける前に必要になってきます。
その為に当院では2期治療を受けられる全ての方と、0期・1期治療で必要と判断された方に対して3次元的に全体を確認することの出来る歯科用3DCT装置によるCT検査を実施しております。
矯正歯科治療を受ける上で必須とされている頭部エックス線規格写真に加えて、この3DCT撮影を行うことで安全で適切な治療を提供することが出来ます。 

一部、専門医院以外では頭部エックス線写真すら撮影せずに矯正治療を行っているところもあります。
これを例えるなら設計図無しに家を建てようとしているようなものです。
日曜大工レベルと言っても過言ではないと思います。



顔面写真

あらゆる角度・表情の写真を撮らせて頂きます。
この写真から、左右的なバランスや、口元の凸凹程度などを確認することが出来ます。
写真の分析結果を参考にしながら、治療内容に反映させていきます。



口腔内写真

現在の歯並びの状態・咬み合わせの状態をデジタルカメラにて記録します。
御自身の状態を一緒に確認して頂くことにより、気になっている場所・どのように改善していきたいのか、
などを視覚的に確認しながらお話しをすることができます。



印象採得

上下の全体的な歯型を記録します。
記録した歯型から、上顎・下顎の前後的・左右的な幅を確認します。
また、現在の咬み合わせ状態を細かく確認することが出来るため、咬み合わせ位置の異常などを精密に確認することができます。



上記の、レントゲン写真撮影・顔面写真・口腔内写真・印象採得の他にも、全身的なバランスチェック(立ち姿勢・座り姿勢など)や、顎関節の状態・動きのチェック、スマイルラインのチェック、唇や舌の状態・動きのチェック咀嚼機能・能率検査なども行います。
咬み合わせは、全身バランスに影響することが考えられる事から、現時点での歯並びの状態だけを確認するだけでなく、そこから波及していると考えられる全身的状態までチェックを行います。

また、歯並びや骨格状態には遺伝要因が考えられます。子供様の治療において、御両親の歯並びや骨格状態を把握する必要がある場合には、御両親の方へ一部検査(口腔内写真など)をお願いさせていただく場合がございます。より良い治療を行う為にも御協力をお願い致します。