矯正治療

矯正歯科治療とは

矯正治療とはどんな治療でしょうか?
歯並びを良くするのが矯正治療? 
よく噛めるようにするのが矯正治療?
矯正治療とはそれだけのものでしょうか。
当院の矯正治療は、綺麗になる・良く噛めるのは当然の治療だと考えています。
皆さんが矯正治療を受けようと考えた理由は何ですか?
綺麗にしたい・噛めるようになりたいなどは考えたと思いますが、それだけですか?
 ・見た目が美しく
 ・顔や周囲とのバランスがとれた
 ・綺麗な歯並びを
 ・将来まで手に入れたい
このように考えたのではないでしょうか?
世の中の矯正治療は大きく分けて2種類に分かれます。
 ①矯正治療を専門で勉強して、トレーニングを受けてきた歯医者が治療するもの
 ②矯正治療を独学で勉強しただけの歯医者が治療するもの
①がいわゆる矯正専門歯科医で、②が一般歯科医師です。
①と②では治療の結果が大きく異なります。
皆さんがしっかりとした治療を受けたいのであれば、①の矯正専門歯科医院を受診してください。
当院は当然ながら、①の矯正専門歯科医が矯正治療を行っております.

矯正治療の概要

矯正治療は美容整形とは異なりますが、似ているところもあります。
それは治療を受けた方の「心のケア」を行うところです。
歯並びが悪く、噛み合わせが悪い方は色々な障害を持っている事が多いです。
例えば
 ・食事がしにくく食べることが楽しくない
 ・顎が疲れた感じがする
 ・人前で大きく笑えない
 ・イジメなどの問題
これらが毎日のように積み重なって、矯正治療に助けを求めて来る方もいらっしゃいます。
当院は矯正治療を通して「心のケア」を行い、矯正治療が終了したときには明るく生まれ変わってもらえるようにと考えています。
実際、治療が終了した方で、治療前には何事にも内気な方が明るく楽しい方に変わっていったのを何度も見ています。
次はあなたが変わる番かもしれません。

矯正治療の必要性

矯正治療には様々なメリットがあり、人によっては健康な歯を保っていくためには欠かせない処置となります。まずは、矯正治療がなぜ必要なのかを知って頂ければと思います。

●見た目の改善
歯並びが悪いと、それをコンプレックスに感じて笑顔になれないという方もたくさんいらっしゃいます。歯をきれいに並べるだけで、表情まで変わり、大きく笑えるようになっていきます。

●噛み合わせの改善
上の歯と下の歯が正しい位置で噛み合っていないと、顎の関節に負担がかかり、肩こり・首の痛み・めまい・頭痛・疲れやすさなどの症状が現れてきます。矯正治療によってこういった症状が改善されていきます。

●咀嚼力の改善
歯並びが悪いと、食べ物を十分にすりつぶしたり噛み切ったりすることができず、消化不良で胃腸に負担がかかってしまいます。当たり前に行っている「食べ物を噛む」ということも、実は不十分な方はたくさんいらっしゃいます。

●衛生面の改善
歯が出ていると唇をしっかりと閉じられないため、自然と口呼吸になります。するとお口の中が乾燥して細菌が増殖し、口臭の原因にもなります。また歯磨きも行き届かないことが多く、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

●発音の改善
歯並びが悪い方は舌の筋肉を上手く動かせないため、正しく発音できなかったり、舌足らずな言い方になってしまったりします。矯正治療と同時に舌の筋肉の動かし方をトレーニングすることで、発音も改善されていきます。

以上のような様々な点を考慮した上で、患者様一人ひとりに合った矯正治療を行い、さらにきれいに並んだ歯を長く維持することが重要になります。一生付き合っていく自分の歯、今のうちにしっかりと改善しておきましょう。

矯正治療中のフッ素治療

矯正治療中は虫歯になりやすい傾向があります。
それは、矯正装置が歯の表面に装着されていることにもよります。
朝・昼・夜の歯磨きをしっかり行っていれば虫歯になる事はほとんどありません。
しかし、毎日 朝・昼・夜 の歯磨きを適切に行っている方は数%と言われています。
特に子供の場合は、歯磨きは苦手な方が多いです。
そんな状況下では虫歯のリスクは高いと考えられます。
そこで当院では、矯正治療が終了した後も、ご自身の歯で生活できるように、虫歯の予防・歯質強化を目的として、毎回の矯正治療でフッ素治療を取り入れております。

筋機能療法(M.F.T.)

歯並びが悪くなった原因は何でしょうか? これは人によって色々と変わってきます。
つまり原因は1つでけではありません。
 現代人は顎が小さくなったからガタガタが出るようになった。
 それなら、顎を大きく広げて治してしまえばいいじゃないか。
このような考えだけで、取り外し式装置で無理やり顎を大きくして治療する先生がいらっしゃいます。
はたしてこの治療は大丈夫でしょうか?
この治療を行っているのは上で記載した②の先生たちに多く見られます。
確かに一時的に綺麗になったように見えます。
・・・が、ほとんどの方が数年で再治療となって、一般歯科医師の先生たちを訪れます。
それはなぜでしょうか?
人の体はどこか一部分が独立して機能しているわけではありません。
全体がバランスを取ろうとして機能しているのです。
上記の治療は生体の許容を越えた治療を行ったことにより、他とのバランスがとれなくなり、結果として再治療が必要となったと考えられます。
矯正治療で一番大事なことは、生体とのバランスを取りながら治療するという事です。
筋機能療法(M.F.T.)とは、お口の周りの筋肉などのバランスを整える治療法です。
綺麗な歯並びを手に入れても、お口の周りの筋肉バランスに歪みがあると、後戻り(元のガタガタの歯並びに戻る事)が生じてしまいます。
そこで、矯正治療と並行して筋機能療法を行い、治療後の歯並びと筋肉との調和がとれるようにします。
当院では、現在の筋肉バランスを確認し、必要と判断した方には筋機能療法を取り入れて治療しております。

子供の矯正治療

小さなお子さんの場合、歯を支えている顎の骨や筋肉が毎日めまぐるしく成長していきます。それに合わせて噛み合わせも変化していきますので、この時期に成長に合わせて正しい位置に歯を誘導してあげれば、短期間でお子さん本人の負担も少なく矯正治療を終えることができます。一般的には、子供の矯正治療は6歳くらいから受け入れているところが多いのですが、実は上顎に関しては6〜7歳くらいから骨が硬くなっていき、10歳でほぼ成長を終えるため、この時期に大きく歯を動かすのは難しいのです。

●3歳からの小児マウスピース矯正
通常の固定式の矯正装置ではなく、取り外し式のマウスピースを使って歯を支える土台を作っていきます。歯並びが悪いのは、
歯の位置以前に歯が並んでいる土台がしっかりと作られていないからです。この時期であれば、成長と共に土台を作り、それに合わせてきれいな歯並びも実現していくことが可能です。

●6歳からの小児矯正
6歳を過ぎると成長の仕方が変わるため、それに合わせて土台もコントロールし、さらに歯にも力を加えて動かす治療を行っていきます。方法は一つではなく、その子の歯の状態や身体の成長度合いなどに合わせて使用します。

当院では、実年齢をお聞きするのはもちろんですが、それだけでは成長の個人差を把握できないため、手のレントゲン写真から骨年齢を測定しています。これは小児科でも使われており、医学的に確立された方法です。

※床矯正装置について
子供さんの矯正治療を色々と調べていると、非常に魅力的な矯正装置として紹介されていたりしており、この装置での治療を希望される方も多いかと思います。
しかし、当院では『床矯正装置』は一切取り扱っておりません。
その理由は、≪こちら≫で案内させていただいております。
それでも『床矯正装置』での治療をご希望の方は、取り扱いのある医院へお問い合わせください。

※よく見かける「MRC矯正」について
子どもの矯正治療について調べたりしていると見かけることがあるものだと思います。
歯を抜かずに、マウスピースを使って、口腔周囲筋のトレーニングを行って・・・などもっともらしい事が書かれていて非常に興味を引く感じだと思います。
この「MRC矯正」という物自体を否定する事もしませんし別にいいかと思います。
ただ、矯正専門医院からの意見としては、すごく当然の普通の治療をあたかも「凄い治療」と謳っているのは気になります。
しかも、この治療を行っている歯科医院が基本的に一般歯科医院であり矯正の歯科医院で無いというところも気になるところです。
調べてみると、指定されたマウスピースで治療した経験があり、指定された講習会に1回出席したことがある・・・くらいの条件で「MRC矯正をやっている歯科医院」と名乗れるそうです。
現在、小児矯正用のマウスピース装置は多くの種類があり、当院ではそれらの中から、しっかり治るマウスピース装置を選定したり、オリジナルで作成したりしています。
そんなマウスピース装置の中の数個程度を(表現悪いですが)横流しするだけの行為を治療と言えるのか疑問があります。
既製品のマウスピースは、個々の口腔内状況に合わせて初期の段階で調整が必要になります。
しかし、今まで当院にセカンドオピニオンなどで来られた方全員が既製品のままで治療(?)されておりました。
大きすぎて痛い、嘔吐反射が出る・・・などの質問をしても「大丈夫」「問題ない」「そのうち慣れる」などの返答しかなかったそうです。
入れ歯の延長線上くらいにしか考えていないのでしょうか!?
ただ、「MRC矯正」という単語は魅力的に見えるらしく、当院にも「そちらでMRC矯正をやっていますか?」などという問い合わせが多く来ます。
ここではっきり書いておきます。
「当院ではMRC矯正は一切やっていません!!」
誤解のないように追加で書いておきますが、「矯正専門歯科医が矯正歯科治療として小児用マウスピース矯正治療」をやっています。
当院では、この矯正治療を「0期治療」と表現しております。
どうしても「MRC矯正」をやりたいという方は、取り扱いの歯科医院をお探しください。

大人の矯正治療

大人になると土台である顎は完全にできあがっているため、歯を動かしていく矯正治療を行うことになります。この時、きれいな歯並びを作るために一部の歯を抜かなければならないことがありますが、健全な歯を抜くと、やはり咀嚼力が低下するなどの支障が出てきます。そのため当院では、「歯全体に少しずつヤスリがけをして隙間を作る」「奥歯をさらに奥に移動することで全体のスペースを作る」などの方法を駆使して、できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行うことを目指します。また、どうしても抜かなければならない場合でもその本数を少なくする治療計画を考えます。患者様には「全く抜かない場合」「1本だけ抜いた場合」「2本抜いた場合」とそれぞれメリットとデメリットを併せて提示し、最もご希望に合うものをお選び頂くようにしています。

●金属の矯正装置
最もスタンダードで、強度が強く壊れにくい一方で、目立ってしまうという特徴があります。

●白い矯正装置
歯科用の白いプラスチックでできているため、矯正治療中も装置を付けていることが目立ちません。柔らかいため壊れやすいのですが、
その分、歯にもダメージを与えません。

●透明な矯正治療
サファイアの結晶で作られた、透明度の高い矯正装置です。会話をするくらいの距離でも付けていることが分からない程です。ただし強度がかなり高いため、お子さんの柔らかい歯には適しません。

●舌側矯正
矯正装置が目立たないよう、歯の裏側に取り付ける方法です。表からは全く装置が見えない一方で、舌が金属に当たって傷ができてしまうことがあります。特に目立つ上だけを舌側矯正にすることも、上下両方を舌側矯正にすることも可能です。
なお、当院の舌側矯正は、3Dスキャナと3Dプリンタを駆使して、お口の中にピッタリと合うものお作りしていますので、通常の舌側矯正よりは負担がかなり軽減されます。

●目立たないマウスピース矯正(インビザライン)
薄いプラスチック素材のマウスピースを使うことで、歯を少しずつ移動させていきます。少し動かしたらまた新しいマウスピースに取り替え、これを30〜36回程度繰り返すことで、最終的に目標としていた歯並びを実現させます。

大人になったら顎の成長は止まりますが、歯を動かすことで歯並びをきれいにすることは、何歳になっても可能で、実際に当院でも80代の方が矯正治療を受けていらっしゃいます。歯並びが悪いと歯周病リスクも大きくなってしまいますので、ご自身の歯並び気になった時に、まずはご相談だけでもお越し頂ければと思います。

矯正治療を受けるのが不安な方へ

矯正治療に対して「痛そう」「目立つのがイヤ」「お口の中に支障が出ないの?」など、様々な不安を抱えていらっしゃる方は多いと思います。当院では、院長自ら国内のあらゆる矯正治療装置を試し、痛みや効果など様々な点においてお勧めできるものだけを取り入れています。実は一言で「金属の矯正装置」と言っても、使用するものは非常に多岐に渡ります。せっかく治療を受けるなら、負担は少なく効果は上げたい。そんな方は、こまざき矯正歯科クリニックへご相談ください。

電動歯ブラシプレゼント

当院で、大人の矯正歯科治療を始められる方には、電動歯ブラシとしてCMでも有名な「ソニックケア」をプレゼントさせて頂いております。
(全体矯正治療の方のみ。部分矯正は除く。)
矯正治療中の虫歯予防はもちろん、せっかくきれいに並んだ歯や健康面のお手入れもしっかりと続けていきましょう!

よくあるお問い合わせ(FAQ)